医療・健康Tips

糖尿病の合併症などで関節に生じる障害とは

  • 文字
  • 印刷

 シャルコー関節という病気をご存じでしょうか。なんらかの原因で中枢神経や末梢神経が障害され、足首やひざの関節などが変形、破壊されていく病気です。痛みを感じないことも多く、本人があまり気づかないうちに進行するところが厄介です。

 シャルコー関節は神経病性関節症、神経障害性関節症とも呼ばれ、その名の通り、神経の障害により起こる病気です。原因として最も多いのは、糖尿病の合併症として起きる神経障害で、ほかに梅毒や脊髄空洞症、ハンセン病などが、シャルコー関節を招く原因として考えられます。

 神経が障害されることで、感覚が鈍くなり、痛みを感じにくくなります。そのため、関節に炎症が起きていて…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文863文字)