ヘルスデーニュース

たばこのニコチン含有量、米国で規制へ

  • 文字
  • 印刷

 米食品医薬品局(FDA)は3月15日、米国で販売される紙巻きたばこに含まれるニコチンの量に上限を設ける計画を発表した。最終的な目標として、FDAは「ニコチンへの依存性をもたらさない含有量に抑えたい」としている。

 FDA長官のScott Gottlieb氏は、記者説明会で「規制は短期間に喫煙者を死亡や疾患の原因となる燃焼たばこ製品から遠ざけ、燃焼によって生じる有害物質をもたらさないニコチン含有製品への切り替えを促進する可能性がある」と話した。

ただし、喫煙者を禁煙に導く「橋渡し役」として期待されている電子たばこなどの紙巻きたばこ以外の製品につ…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1772文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら