点描 ロンドン健康生活

日照時間増加で英国人が服を脱ぎ始める理由

末盛亮・フォトグラファー
  • 文字
  • 印刷
雨の日のロンドン
雨の日のロンドン

 欧州のほとんどの国では、毎年3月最後の日曜日から夏時間が始まる。だが、ここ英国では気分的には立春のように感じる。「夏」とは名ばかりで、実際は寒い日が多いからだ。

 にもかかわらず、十数度の気温でもかなり肌を露出した服を着た人を結構見かける。湿度が低く日なたと日陰で体感温度がかなり違うこともあるが、コートを着ている私の横をノースリーブの女性が通り過ぎるということも。

 日本では、夏ともなれば、日焼けしないように日傘や帽子、長袖でガードする女性を目にしていた。英国に来…

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2194文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

末盛亮

フォトグラファー

すえもり・あきら 新聞記者を経て2002年渡英。大学院で現代戦争平和学、写真ジャーナリズムを修了後、ロンドンを拠点にフリーのフォトグラファーとして活動する。ビデオ作品も撮影。ウェブサイト www.akirasuemori.com