現代フランス健康事情

大きく変わるフランス人「酒とたばこの文化」

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
パリ市内のカフェ
パリ市内のカフェ

フランス人は何を食べてるの?(3)

 すべてのフランス人にあてはまるわけではないが、やはり食事どきのワインはフランス的な風景だ。

 会社の誰かの誕生日や、退職が決まった人の送別会では、社内でミニパーティーを開いてワインやシャンパンを開けたり、仕事帰りに飲みに行ったりする。友人や家族親戚との食事の際は、食前酒、食後酒も加わる。家に招待されると、ご自慢の自家製食後酒を振る舞われることもある。お酒は社交の大切なツールだ。

この記事は有料記事です。

残り2470文字(全文2677文字)

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。