Dr.林のこころと脳と病と健康

「依存」と「治療」の見えにくい境界線

林公一・精神科医
  • 文字
  • 印刷

「やめられない」の先にある破滅 依存症【7】

 「薬をやめたいんです」という方が精神科を受診されることが時々あります。たとえば、眠れないので飲み始めた睡眠薬をやめたい。けれども「ないと不安なんです」「どうしても薬に頼っちゃうんです」「飲まないと眠れないんです」……。やめたいのにやめられなくて困っている。依存症のイメージです。

 では睡眠薬でなく、高血圧の薬だったらどうでしょうか。血圧が高いので飲み始めた。ないと不安になる。薬…

この記事は有料記事です。

残り2466文字(全文2678文字)

林公一

精神科医

はやし・きみかず 精神科医、医学博士。著書に「統合失調症という事実」「擬態うつ病/新型うつ病」「名作マンガで精神医学」「虚言癖、嘘つきは病気か」など。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」は、読者からの質問に林医師が事実を回答するもので、明るい事実・暗い事実・希望の持てる事実・希望の持てない事実を問わず、直截に回答するスタイルを、約20年にわたり継続中。