カフェ屋外ならたばこを吸える
カフェ屋外ならたばこを吸える

医療プレミア現代フランス健康事情

「屋内全面禁煙」でもパリはやっぱり“たばこ天国”

竹内真里 / パリ在住ライター

 長い冬が終わり、パリも春めいてきた。新鮮な空気を求めて窓を開け放すと、すがすがしい空気ではなく、たばこのにおいが漂ってくる。隣人の誰かが一服中らしい。アパルトマンの上階からたばこの吸い殻が投げ捨てられることも多い。

屋内全面禁煙から10年たって……

 フランスでは2008年1月、禁煙を定めた法律が完全施行され、駅や病院、飲食店など公共の場での屋内喫煙が禁じられた。日刊紙「ル・パリジャン」の昨年12月26日の報道によると、法律に違反していたパリ市内のカフェ2軒が裁判所で有罪判決を受け、それぞれ4万ユーロ(約530万円)、6000ユーロ(約80万円)を、原告のNPO団体「非喫煙者の権利」に支払うよう命じられたそうだ。

 パリ市の公式サイトでは、閉鎖された窓や壁、ドアで屋内と屋外をはっきり分け、テラスが開放されている場…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2170文字)

竹内真里

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
白い息を吐きながら通勤する人たち

「寒い冬こそダイエット!」なぜ効果的なのか

 肥満でダイエットをがんばっている患者さんがいる。寒くなってきたのに、半袖Tシャツと半ズボンといういで立ちで診察に来る。本人は夏も…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢になった時だれが介護をしてくれるのか

「家族介護はいつか破綻」在宅医が見たつらい現実

 私が在宅医療を始めた30年近く前、千葉県の南房総地方では、多くの患者さんは家族に愛され、家族は「私がこの人を見てあげるんだ」とい…

医をめぐる情景

夏の恋への不安を歌った「胸騒ぎの腰つき」

楽曲「勝手にシンドバッド」(1978年)  湘南を舞台に恋を歌った歌詞、にぎやかで明るいサウンド。サザンオールスターズを一躍有名に…

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア