病気が逃げ出すサプリ指南

美容サプリ「ハトムギできれい」は本当?

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 ハトムギはイネ科の植物。厚生労働省が定めた食薬区分では、食品と医薬品の両方に入っています。医薬品として扱う場合は「ヨクイニン(薏苡仁)」と呼ばれ、ウイルス性のイボに効果があります。また、医薬部外品や化粧品としても幅広く使用されています。ハトムギのサプリメントは美容を意識する女性に人気があるようですが、利用する前に、医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを理解しておきましょう。

 <医薬品>

 医薬品は、病気の治療や予防のために使用するものです。処方箋が必要な「医療用医薬品」と、処方箋なしでも薬局やドラッグストアで購入できる「一般用医薬品」に分けられます。

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1660文字)

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。