医療・健康Tips

自己愛性パーソナリティ障害と向き合う

  • 文字
  • 印刷

 自己愛性パーソナリティ障害は、あまり耳慣れない診断名ですが、特別な病気ではなく、その傾向をもつ人は少なくないとされています。周囲との関係がうまく築けず、苦痛や不便を感じていたら、適切な治療を受けることで改善することができます。特徴や原因、治療法などを紹介します。

対人関係でトラブルを起こす

 「パーソナリティ障害」とは、多くの人とは異なる反応や行動をすることによって、対人関係でトラブルを起こし、本人や周囲が苦しんでいる場合に診断される障害です。パーソナリティ障害にはさまざまな種類がありますが、なかでも近年、増えてきているといわれているもののひとつが「自己愛性パーソナリティ障害」です。

この記事は有料記事です。

残り2782文字(全文3076文字)