医療プレミア現代フランス健康事情

フランスでもはしかが大流行の兆し

竹内真里 / パリ在住ライター

 ラジオ番組の間に「ワクチン接種をしましょう」と何度も流れるCM。4月24日から30日は世界予防接種週間だった。

 日本で感染者が増えているというニュースがあったが、フランスでも昨年11月ごろから、ワインで有名な街ボルドーがある仏南西部ヌーベルアキテーヌ地域圏を中心に、はしか(麻疹)が流行している。昨年11月6日から今年4月22日時点で1947件の感染数が報告された。101ある県のうち、78の県に感染が広がっている。ビエンヌ県ポワティエの病院では2月、はしか予防接種歴のない32歳の女性が亡くなった。

 まだ発症者が出ていない県もあるが、まとまった休みに小旅行に出かけ、子どもたちもよく移動するお国柄。…

この記事は有料記事です。

残り2190文字(全文2491文字)

竹内真里

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア