現代フランス健康事情

フランスでもはしかが大流行の兆し

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷

 ラジオ番組の間に「ワクチン接種をしましょう」と何度も流れるCM。4月24日から30日は世界予防接種週間だった。

 日本で感染者が増えているというニュースがあったが、フランスでも昨年11月ごろから、ワインで有名な街ボルドーがある仏南西部ヌーベルアキテーヌ地域圏を中心に、はしか(麻疹)が流行している。昨年11月6日から今年4月22日時点で1947件の感染数が報告された。101ある県のうち、78の県に感染が広がっている。ビエンヌ県ポワティエの病院では2月、はしか予防接種歴のない32歳の女性が亡くなった。

 まだ発症者が出ていない県もあるが、まとまった休みに小旅行に出かけ、子どもたちもよく移動するお国柄。…

この記事は有料記事です。

残り2190文字(全文2491文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。