医療・健康Tips

長引く腹痛に悩まされていませんか? 慢性膵炎を防ぐために

  • 文字
  • 印刷

 膵臓(すいぞう)に繰り返し炎症が起こることで、膵臓の正常な組織が壊され、膵の臓器萎縮をきたす慢性膵炎。放っておくと症状が進み手遅れになる場合もあるため、できるだけ早く発見し適切な治療を行うことが大切です。原因や症状、治療法のほか、予防のために日常生活で膵臓をいたわるポイントを紹介します。

膵臓の位置と働きを知ろう

 膵臓は、みぞおちの少し下あたりの、背中に近い位置にあります。縦15~20cm、横3~4cmと細長い形をした臓器です。膵臓には、重要な2つの役割があります。ひとつは、血液中の糖分(血糖)を調整するインスリンというホルモンの分泌で「内分泌機能」と呼ばれます。もうひとつは、膵液の分泌で「外分泌機能」と呼ばれます。

この記事は有料記事です。

残り3363文字(全文3675文字)