ヘルスデーニュース

「座り過ぎ」は心臓だけでなく脳にも悪影響

  • 文字
  • 印刷

 椅子やソファに長く座り過ぎると、心臓だけでなく脳にも悪影響を及ぼすらしい--。「PLOS ONE」4月12日オンライン版に掲載された研究によると、座った姿勢で長時間過ごす人は、新たな記憶の形成に重要な脳領域の皮質が薄いことが分かった。

 研究を行った米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)セメル神経科学・ヒト行動研究所のPrabha Siddarth氏らは、こうした脳領域の皮質の菲薄(ひはく)化には、座りがちな生活による運動不足ではなく、座ること自体が関連しているのではないかと指摘している。

 この研究では、認知機能が正常な45~75歳の男女35人を対象に、日常的な運動量と過去1週間の1日の…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1252文字)