医療・健康Tips

健診で分かる動脈硬化のサイン Non-HDLコレステロールとは

  • 文字
  • 印刷

 特定健診に「Non-HDLコレステロール」という項目が導入されると、動脈硬化の指標となる血中コレステロールのバランスがより正確に調べられるようになります。これまでの健診でコレステロールが正常だった人も、Non-HDLコレステロールでは異常となる場合があるので、いまいちど健診結果を見直してみましょう。

この記事は有料記事です。

残り3527文字(全文3678文字)