眠りを知れば人生危うからず

誰も逃れられない「昼食後睡魔」の理由

内村直尚・久留米大学教授
  • 文字
  • 印刷

 毎日、昼食後に眠気を感じる人は少なくないはずです。一般的にこの理由は「食後は消化のために胃に血流が集中し、脳の血流が低下するため」と理解されているようです。

 もしその通りならば、朝食後や夕食後にも同様の眠気に襲われてしかるべきです。しかし、そのような訴えを耳にすることはほとんどありません。そもそも毎食後に眠くなるようでは日常生活に支障が出てしまうでしょう。今回はこの昼食後の眠気がなぜ生じるのかをお話ししたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1757文字)

内村直尚

久留米大学教授

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、16年10月からは同大副学長も兼務する。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。