今日のセカンドオピニオン

「一生続いたら…」1割以上の人が経験する耳鳴り

  • 文字
  • 印刷

 耳鳴りは外からの音の刺激がないのに、音を感じる現象です。人口の10~15%が耳鳴りを経験しているというデータがあり、眠れなかったり、物事に集中できなかったりするつらさを訴える人もいます。

 耳鳴りがある人の多くは難聴を伴います。聞こえが悪くなると、音を聞こうとして脳が過剰に働き、もともとは気づかなかった耳鳴りが大きく聞こえるようになると考えられます。

 「何か大きな病気ではないか」とか「耳鳴りが一生続くのではないか」といった不安を抱えていると、余計に耳鳴りに意識が集中してしまいがちです。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文963文字)