ボストン発 ウェルエイジング実践術

終末期医療の意思をどう伝えればかなうか

大西睦子・内科医
  • 文字
  • 印刷

 「終活」という言葉が新語・流行語大賞にノミネートされたのが2010年。最近はこの言葉も市民権を得て、自分の人生の終え方について考える人も増えているようです。終活には、自分が受けたい終末期医療について考え、意思表示をしておくことも含まれています。今回は、そうした意思表示の扱われ方が日本と米国でどう違うかを紹介します。

この記事は有料記事です。

残り2353文字(全文2512文字)

大西睦子

内科医

おおにし・むつこ 内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年4月から13年12月末まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員として、日米共同研究を進めている。著書に、「カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側」(ダイヤモンド社)、「『カロリーゼロ』はかえって太る!」(講談社+α新書)、「健康でいたければ『それ』は食べるな」(朝日新聞出版)。