どう知る?どう使う?健康・医療情報

介入せず対象集団を見守る~前向きコホート研究

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

 前々回紹介した、予防法や治療法の効果に関する情報、言い換えれば「○○が××に効く」という類いの情報を評価する研究デザインとして、「ランダム化比較試験(RCT)」と「前向きコホート研究」が挙げられていました。ランダム化比較試験については何度か紹介(「厳密評価を可能にする『ランダム化』」など)してきましたので、今回は、前向きコホート研究を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2014文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)