医療・健康Tips

高齢者に急増している慢性心不全の現状とは

  • 文字
  • 印刷

 高齢者の慢性心不全患者が急激に増加しています。疫学研究によると、2030年には心不全の患者数が130万人に達するという予測も出ています。高齢者の人口が増えるとともに、誰にとってもひとごとでない慢性病になるかもしれません。急増する高齢者の心不全対策として、日本心不全学会は2017年10月「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」(声明)を発表、一定の見解と方針が示されました。

 心不全とは、さまざまな原因で心臓のポンプ機能が低下して、息切れやむくみが出るような状態をいいます。…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1314文字)