医療プレミア特集

認知症やがん治療で注目「漢方薬市場」10年で1.5倍

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
ツムラ茨城工場の敷地内にある漢方記念館。漢方の歴史や漢方製剤の製造工程などを学ぶことができる。2008年度にグッドデザイン賞を受賞。通常は医療関係者にしか公開されていない=2018年6月6日、鈴木敬子撮影
ツムラ茨城工場の敷地内にある漢方記念館。漢方の歴史や漢方製剤の製造工程などを学ぶことができる。2008年度にグッドデザイン賞を受賞。通常は医療関係者にしか公開されていない=2018年6月6日、鈴木敬子撮影

 医師の処方による「医療用漢方製剤」の市場が伸びている。2007年度におよそ1000億円だった市場規模は17年度には1500億円超に拡大した。医療用医薬品全体に占める割合は1.4%ほどだが、医師が漢方薬を積極的に使い始めたことの表れと言える。なぜ今、漢方薬が医療現場で多く使われるのか。理由を探ろうと、漢方最大手「ツムラ」(本社・東京都港区)の茨城工場(茨城県阿見町)を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り2795文字(全文2984文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。