医療・健康Tips

歯周病が認知症の症状を悪化させる?!

  • 文字
  • 印刷

 歯周病とは、歯肉などの歯周組織が、歯周病菌によって炎症し破壊される病気です。近年、歯周病菌が、糖尿病、脳梗塞、誤嚥性肺炎、早産などと関連している点が明らかとなっていますが、認知症についても炎症を介した解明が進んできました。

 認知症の原因疾患のひとつ「アルツハイマー病」。アミロイドβなど特殊なたんぱく質が蓄積することで、脳内の神経細胞が壊れ、脳が次第に萎縮していくと考えられています。しかし、なぜアミロイドβが蓄積するのかについては、明らかとなっていないのが現状です。

 国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などによる研究グループは、歯周病菌がアルツハイマー病の危険…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1064文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら