髪の健康相談室

円形脱毛症治療で評価が上がったステロイド塗り薬

齊藤典充・横浜労災病院皮膚科部長
  • 文字
  • 印刷

診療ガイドラインの改訂で変わったこと【前編】

 「円形脱毛症」と「男性型脱毛症」には、日本皮膚科学会の診療ガイドラインがあり、どちらも7年ぶりの改訂となる2017年版が公開されています。診療ガイドラインは、現時点でのエビデンス(科学的根拠)に基づく最善の治療とその推奨度を提示したものです。これらの作成には、私も委員の一人として参加しています。17年版ガイドラインでは、それぞれ何が変わったのか--。まず今回は、円形脱毛症について新たに評価された治療などを取り上げてみましょう。

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1744文字)

齊藤典充

横浜労災病院皮膚科部長

さいとう・のりみつ 1993年北里大学卒業、同大学皮膚科に入局。98~2000年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学。国立横浜病院(現:国立病院機構横浜医療センター)皮膚科、北里大学皮膚科助手、講師、国立病院機構横浜医療センター皮膚科部長などを経て14年4月から現職。専門は脱毛症、血管炎、血行障害。日本皮膚科学会の脱毛症に関する診療ガイドラインの作成に携わるなど、長年、診療の第一線で脱毛治療・研究の分野をリードしている。