ヘルスデーニュース

結婚で心臓病や脳卒中のリスクが減少

  • 文字
  • 印刷

 結婚は、健康に良い影響を与えることがさまざまな研究で明らかにされているが、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中といった心血管疾患を予防する効果を示唆する研究結果が、「Heart」6月19日オンライン版に発表された。

 欧米やアジア、中東などさまざまな国や、地域の男女を対象とした34件の研究をメタ解析した結果、結婚している人と比べて、結婚歴がない人や離婚または死別により独身となった人では、心血管疾患を発症するリスクが約1.4倍で、心筋梗塞や脳卒中による死亡リスクも約1.4~1.5倍であることが分かったという。

 この研究は、英キール大学プライマリケア・健康科学研究所のMamas Mamas氏らが実施したもの。同氏らは今回、1963~2015年に発表された婚姻状況と心血管疾患リスクとの関連を評価した34件の研究を抽出し、これらの研究に参加したアジアや欧州、中東、北米、スカンジナビアにおける42~77歳の男女計200万人超のデータを用いて、メタ解析を実施した。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1212文字)