病気が逃げ出すサプリ指南

「皮膚自己チェック」でわかるあなたの心と体の調子

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 サプリメントの宣伝を見て、体によい成分と思ってすぐに試していませんか。

 サプリメントは食品なので手軽に購入できます。でも、自分の体質が実証か虚証なのか、体質に合っているのかくらいは、考えなくてはいけません。予備知識もなく宣伝のまま摂取していると、病気だった場合、肝心の治療の機会を逃すリスクもあります。

 分かっているようで意外に知らないのが自分の健康です。そこで、セルフチェックのための指標がないか考えてみました。服の色や顔色、皮膚の状態からその人の健康状態が 分かることがあります。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1739文字)

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。