医療プレミア特集

赤ちゃんは生後4カ月から“見た目と音”で素材認識

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 言葉を獲得する前の赤ちゃんが、見ること、聞くことを通して、「木」や「金属」といった身近にある物の素材を認識していることを、中央大などの研究グループが実験から明らかにした。物の素材の見た目と音の関係の理解は、生後4カ月から発達し、経験とともに処理できる素材の種類が増えていくという。

 今回の研究により、赤ちゃんが多様な感覚を通して、物体に関わる知識をどのように獲得していくのか、そのメカニズム解明につながると期待されている。研究結果は英国の科学誌Scientific Reportsに掲載された。

 論文を発表したのは、中央大、日本女子大、鹿児島大--の研究者。ナイフやフォークなどの食器が金属素材でできているのか、あるいはプラスチックにメッキ加工されたものなのかを見分けるためには、見た目の光沢感だけでなく、物体をたたいた時に出る音も重要な手がかりとなる。このように、ヒトは視覚と聴覚から得た情報を使って周囲の物体の素材や状態を認識している。

 グループは、生後4~5カ月児と6~8カ月児計32人に、木や金属をたたく音とその材質の見た目が一致した映像と、一致しない映像をそれぞれ見せ、脳の血流量を観察した。具体的には、脳が活発化すると酸素を必要とし、血中の酸素化ヘモグロビン(oxy-Hb)が増えることから、oxy-Hbの値を測った。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1439文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。