NHK連続テレビ小説「半分、青い。」。左耳を失聴したため、永野芽郁さん演じる楡野鈴愛は付け耳で音を聞こうとする=NHK提供
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」。左耳を失聴したため、永野芽郁さん演じる楡野鈴愛は付け耳で音を聞こうとする=NHK提供

特集・ニュース医療プレミア特集

「半分、青い。」のムンプス難聴はワクチンで防げる病気

中村好見 / 毎日新聞 医療プレミア編集部

おたふくかぜと難聴【前編】

 おたふくかぜにかかり、片方の耳が聞こえなくなる--。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン楡野鈴愛(にれの・すずめ)が発症した「ムンプス難聴」は、おたふくかぜにかかった人の数百人~1000人に1人が発症すると言われる病気です。実は子どもだけではなく、大人の発症も珍しくありません。有効な治療法はなく、おたふくかぜのワクチン接種が唯一の予防法ですが、接種率は3~4割程度にとどまっています。専門家は「今はワクチンで防げることをぜひ知ってほしい」と訴えています。最近の調査で明らかになったムンプス難聴の実態と予防について、3回に分けてお伝えします。

 ヒロイン楡野鈴愛は小学3年の時、おたふくかぜが原因で、左耳の聴力を完全に失った。ドラマの中で、医師…

この記事は有料記事です。

残り2322文字(全文2662文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
中村好見

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局などを経て14年にデジタルメディア局異動。ニュースサイトの編集に携わり、新しいニュースの見せ方、伝え方について日々研鑽中。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

SNSがうその温床 演技性パーソナリティー障害

 ◇うそつきは病気か【4】 虚言と関係の深いパーソナリティー障害の一つに、「演技性パーソナリティー障害」があります。名前の通り、「…

無難に生きる方法論

大阪北部地震「電車閉じ込め」でパニック発作

 前回、「不安障害は人生の損」と語った患者さんを紹介した(「あなたの“のぼせ、動悸、発汗”は『不安障害』かも」)。 不安障害は単独…

人類史からひもとく糖質制限食
魚や野菜、豆類など健康的な食品

糖尿病医師「スーパー糖質制限食16年」の成果は

 「糖質制限食は短期的な効果は明確であるが、長期的なエビデンス(医学的根拠)がなく、安全性も担保されていない」という意見を見かけま…

医をめぐる情景
ナッシュを演じたラッセル・クロウと、妻役のジェニファー・コネリー (C)2001 Universal Studios and DreamWorks LLC.All Rights Reserved. TM & (C)2012 DreamWorks LLC and Universal Studios. All Rights Reserved.

統合失調症の幻覚とともに生きたノーベル賞数学者

 ◇映画「ビューティフル・マインド」(2001年) まわりの世界がいつもと違って見えて不気味に感じ、周囲の物音がすべて耳に響くよう…

超高齢化時代を生きるヒント
団塊ジュニアが就活をした2000年前後は、過去もっとも厳しい就職氷河期と言われた=2000年12月撮影

「ノボルとヨーコ」団塊ジュニア夫婦が迎える“2060年の現実”

 団塊ジュニア世代は昭和の高度成長期に生まれ、バブル崩壊後の大変動の時代を懸命に生きています。その彼らが高齢期を迎える2060年ご…

旅と病の歴史地図
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で初戦のコロンビア戦に勝利し、喜び合う日本の選手たち=ロシア・サランスクで2018年6月19日、長谷川直亮撮影

サッカーW杯 ロシアで観戦ならダニと麻疹に注意

 ロシアでサッカー・ワールドカップ(W杯)が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられています。ロシアはユーラシア大陸にまたがる広大な国です…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア