ヘルスデーニュース

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与か

  • 文字
  • 印刷

 アルツハイマー病の発症に、2種類のヒトヘルペスウイルス(HHV)が関与している可能性を示した研究結果が、「Neuron」6月21日オンライン版に発表された。

 研究を実施した米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のJoel Dudley氏らによると、アルツハイマー病患者の脳では、そうでない人の脳と比べて、ヒトヘルペスウイルス6A(HHV-6A)とヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)が約2倍に増加していることが分かったという。また、これらのウイルスは、アルツハイマー病のリスクを高める遺伝子と相互に作用することも示された。

 HHV-6(HHV-6AとHHV-6B)やHHV-7は、ほとんどの人が主に乳幼児期に感染する身近なウイルスで、特にHHV-6は乳児期の突発性発疹の原因となることが知られている。また、これらのウイルスは、単純ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹(ほうしん)ウイルス、エプスタイン・バー(EB)ウイルスなど他のヘルペスウイルスと同様に、感染後には体内で休眠状態となり、その後、ある時点で再活性化する可能性が…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1300文字)