医療プレミア特集

「半分、青い。」ムンプス難聴の医師が伝えたいこと

中村好見・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
子どものころにおたふくかぜにかかり、ムンプス難聴を発症した医師の稲田美紀さん
子どものころにおたふくかぜにかかり、ムンプス難聴を発症した医師の稲田美紀さん

おたふくかぜとムンプス難聴【後編】

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン楡野鈴愛(にれの・すずめ)が左耳を失聴した「ムンプス難聴」。最近、おたふくかぜにかかった人の数百人~1000人に1人が発症する病気であること、大人の発症も珍しくないことがわかってきました。唯一の予防法はワクチン接種ですが、日本では任意接種のまま、接種率は3~4割にとどまっています。今回は、子どものころにおたふくかぜにかかってムンプス難聴を発症した橋場診療所(東京都台東区)副所長で医師の稲田美紀(みのり)さん(43)に、当事者として今思うことを聞きました。

 --子どもがおたふくかぜにかかってムンプス難聴になっても、聞こえないことの自覚がなかったり、違和感…

この記事は有料記事です。

残り3493文字(全文3813文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu