眠りを知れば人生危うからず

赤ちゃんの体温変化が教えてくれる快眠へのヒント

内村直尚・久留米大学教授
  • 文字
  • 印刷

 皆さんは、赤ちゃんのお孫さんを抱っこしているおじいちゃん、おばあちゃんが「ああ、体が温かくなってきた。眠くなってきたんだね」と話しているのを聞いた経験はありませんか?

 これを経験値と考える人もいれば、単なる偶然の迷信じみた話だと考えている人もいるでしょう。ところがこの現象は、赤ちゃんに特有なものではなく、人間全体に共通した睡眠を巡る科学の一端なのです。今回は、このヒトの体温の変動と睡眠との密接な関係についてお話ししたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1888文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内村直尚

久留米大学教授

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、16年10月からは同大副学長も兼務する。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。