健康長寿をめざして

「サロン歌謡ショー」で認知症リスクを3割下げた町

  • 文字
  • 印刷
歌謡ショーで盛り上がる武豊町のみなさん=愛知県武豊町で宇佐美裕史撮影
歌謡ショーで盛り上がる武豊町のみなさん=愛知県武豊町で宇佐美裕史撮影

 愛知県武豊町は、三河湾に面した人口4万3375人の町(7月1日現在)。昔からみそ、しょうゆ醸造が盛んで、沿岸部には工場群が広がりますが、他の地方都市と同じく、人口のおよそ25%が65歳以上と高齢化が進んでいます。この町で2007年、要介護者を増やさないための取り組みが始まりました。町、地域包括支援センター、大学などが支援する介護予防事業「憩いのサロン」です。現地を訪ねると、想像以上に住民が盛り上がり、大きな成果が上がっていました。【メディカルリーフ・宇佐美裕史】

 「憩いのサロン」は、町の19区(自治会)のうち13区で毎月1~3回開かれています。催しは、健康体操、囲碁・将棋、手芸、講話、カラオケ、マジックショー、保育園児との交流などさまざま。身の回りのことが自分でできて、自力で会場に通える高齢者は、だれでも予約なしで参加できます。参加費は1回100円です。

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文2031文字)