今日のセカンドオピニオン

B型肝炎はいずれがんになるの?

  • 文字
  • 印刷

 B型肝炎ウイルスの感染は無症状なので、検査しないとわかりません。質問者の場合、ウイルスが体内にあっても未発症の「キャリアー」だった可能性があります。

 B型肝炎は血液を介して感染します。出生時の母子感染以外で近年多いのは、ピアスなどの針刺しや性交渉によるケースです。成人が感染した場合は一時的に発症する急性肝炎になりますが、乳児期の感染の場合、成長後、一時的に肝炎を起こした後、安定します。

 国内のキャリアーは推計約150万人。9割は肝機能が安定して推移しますが、1割では慢性肝炎を経て肝硬変、肝臓がんになる可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文864文字)