医療・健康Tips

ギャンブル依存の原因は「意志の弱さ」ではない?

  • 文字
  • 印刷

 日常生活に支障が出ているにもかかわらず、なぜギャンブルを繰り返してしまうのでしょうか。その原因や対策について考えます。

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立し、注目が高まる「ギャンブル障害(ギャンブル依存症)」。ギャンブルへの衝動を抑えられなくなるのは、意志の弱さや心の問題ではなく、脳機能の変化を伴う病的な症状といえます。正しい知識を持つことは、リスクを遠ざけ、悩んでいる人への手助けにつながります。

 パチンコや競馬などのギャンブルが好きでよくやっているという人は、次の2つの質問に答えてみてください。

(1)ギャンブルで使ったお金について、大切な人に嘘をついたことがありますか?

この記事は有料記事です。

残り2352文字(全文2648文字)