今日のセカンドオピニオン

外反母趾と脊柱管狭窄症に関係はある?

  • 文字
  • 印刷

【Q】1年前から右足が痛み、外反母趾(ぼし)とハンマートウと診断されました。脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症であることも分かりましたが、外反母趾と関係があるのでしょうか。(神戸市、女性、75歳)

【A】外反母趾がある場合、腰部脊柱管狭窄症の痛みが強まることがあります

 外反母趾は女性に圧倒的に多く、遺伝要因があるといわれます。靴の不具合や筋肉のバランス、運動不足など環境要因も影響します。腰部脊柱管狭窄症では腰より足の痛みが先に出ることが多く、外反母趾もある場合、軽度でも痛みが強まることがあります。逆に外反母趾だからといって、脊柱管狭窄症になるわけではありません。

 外反母趾になると親指だけでなく、足の裏や甲など構造が立体的に変化します。土踏まずのくぼみがなくなり…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文899文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら