ヘルスデーニュース

“親のスマホ依存”で親子関係悪化の可能性

  • 文字
  • 印刷

 子育てに行き詰まっても、スマホやパソコンなどの電子機器を逃げ場にするのは、親にも子どもにもよくないようだ。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らが行った研究で、子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使い、子どもと向き合う時間が減って親子関係の悪化につながる可能性のあることが示された。

 同氏は「子どもは、親の注意が電子機器ばかりに向けられていると不満を持ち、もっと親の気を引こうと行動するようになる」と話している。詳細は「Pediatric Research」6月13日オンライン版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1268文字)