実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

実験段階のワクチンでエボラ流行が終息

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 フィリピンで接種開始されたデング熱ワクチンが副作用で中止になったことを前々回お伝えし、国際的に普及しているHPVワクチンが日本では依然として低い普及率であることを前回述べました。今回は、まだ一般に普及していないワクチンが致死的感染症の蔓延(まんえん)を防いだという話です。

アフリカで繰り返し流行

 その致死的感染症とはエボラ出血熱。2013年末ごろから16年初頭までアフリカ西部で大流行したことが大きく報道され、日本でも広く知れ渡るようになりました。最初の報告は1976年で、その後小さな流行が繰り返し生じていました。世界保健機関(WHO)によれば、2013年末からのアウトブレークでは15年10月18日までで疑い例を含めて2万8000人以上が感染、死亡例は1万1000人以上、致死率は40%にもなります。空気感染はないとされていますが、14年には救援に入った米国人の医療者も感染し、米国途上国支援団体の平和部隊は西アフリカからのボランティアの撤退を決め、米疾病対策センター(CDC)は渡航自粛勧告をおこないました。

 多数の犠牲者を出しながらもアウトブレークは終息しましたが、今年(18年)4月にコンゴ民主共和国(以…

この記事は有料記事です。

残り2231文字(全文2739文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト