ヘルスデーニュース

診療時に患者が話せる時間はたった「11秒」?

  • 文字
  • 印刷

 診察室での診療時に、患者が医師に自身が抱えている問題について話せる時間は、たった11秒程度であることが、米フロリダ大学内分泌学のNaykky Singh Ospina氏らによる研究で示唆された。

 米国の複数の医療機関で録画された112件の診療での医師と患者の会話を分析した結果、患者が自分の症状について話し始めてから11秒ほどで、医師はそれを遮っていたことが分かった。研究の詳細は「Journal of General Internal Medicine」7月2日オンライン版に発表された。

 Singh Ospina氏らは今回、2008~2015年に米メイヨー・クリニックと複数の提携施設で実施された臨床試験の一環で録画された、112件の診療における医師と患者の会話を分析した。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1381文字)