医療プレミア特集

暑い夏の夜のエアコン設定は「26度か27度か」

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
避難所の教室に設置されたクーラーで涼む子どもたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月14日、猪飼健史撮影
避難所の教室に設置されたクーラーで涼む子どもたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月14日、猪飼健史撮影

暑さの疲れをためないために(後編)

 連日の暑さで疲労困憊(こんぱい)という人は多いだろう。例年でもお盆明けあたりから夏バテを訴える人が増えるが、今年はなおさらだ。前編では疲労回復のカギとなる物質「イミダペプチド」についてお伝えした。後編は引き続き、疲労医学の第一人者で東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)の梶本修身院長に、疲労回復に効果的な眠り方を聞いた。

 疲労回復には質のよい睡眠が不可欠。熱帯夜が続く中、夜も冷房を適切に使い、朝まで涼しい環境で休むこと…

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2308文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。