今日のセカンドオピニオン

緑内障の進行を防ぐにはどうしたらよい?

  • 文字
  • 印刷

【Q】2年前に緑内障と診断され、点眼薬「ミケラン」を処方されましたが、症状が進み「タプロス」になりました。どうすれば進行しなくなりますか。(東京都杉並区、女性、46歳)

【A】点眼薬をきちんと使用しましょう

 緑内障は日本人の失明原因1位の疾患で、眼球内の圧力(眼圧)が高まり発症します。眼球は、房水と呼ばれる水が循環して球形を保っています。房水は主に角膜と虹彩(黒目の周囲)が接する部分から排出されますが、何らかの原因で排出されにくくなると、眼圧が高まり、視神経が障害されます。放置すると、多くの場合、長期間(10~20年)かけて進行し、失明することがあります。

 このため早期からの治療が重要です。最優先されるのが点眼薬で眼圧を下げる薬物治療です。タプロスなどの…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文862文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら