医療プレミア特集

双極性障害入院で知った「人の優しさと多様さ」

  • 文字
  • 印刷
與那覇潤さん=東京都豊島区の南池袋公園で関眞砂子撮影
與那覇潤さん=東京都豊島区の南池袋公園で関眞砂子撮影

双極性障害から学んだこと-與那覇潤さんインタビュー(2)

 「気分が高揚する躁(そう)状態」と、「気分が落ち込むうつ状態」を繰り返すとされる「双極性障害」を発症した歴史学者・與那覇潤さん(38)。普通のうつ病だと言われていた3年前、大学病院で病名を鑑別する「光トポグラフィー検査」を受け、即時入院が必要と告げられました。確定診断まで何があったのか。そして入院で何を見つけたのか。交流のある著者によるインタビューの2回目です。【ライター・本多カツヒロ】

 --光トポグラフィー検査で双極性障害と確定診断された、ということですか?

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2274文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら