医療・健康Tips

顔面神経まひや難聴も 帯状疱疹の合併症に注意

  • 文字
  • 印刷

 耳まわり、下あご、ほお、首などに「帯状疱疹」が現れたときは要注意。耳性帯状疱疹とも呼ばれる「ラムゼイ・ハント症候群」の危険性があります。おもな症状は、顔面神経まひ、難聴、耳鳴りなど。治療が遅れると、後遺症として残ってしまうケースもあるのです。

 帯状疱疹は、「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因です。このウイルスにはじめて感染すると、水ぼうそうを発症します。全身にできた水ぶくれ(水疱)は自然に治りますが、ウイルス自体は脊髄の後根神経節に潜り込み、体にすみついてしまうのです。

 とはいえ、体には免疫ができているため、ウイルスはじっとしているほかありません。しかし、何らかの原因…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1285文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら