医療・健康Tips

愛情?それとも支配? 厄介な「親子共依存」

  • 文字
  • 印刷

 子どもが自立できる年齢になっても、世話を焼かずにはいられない。親のそんな言動は、愛情ではなく「共依存」の表れかもしれません。子どもを束縛してしまう親、そんな親との関係に苦しむ子ども。抜け出すためにできることを、それぞれの立場から考えてみましょう。

一見仲のよい親子、その根底に潜む「共依存」とは?

 共依存とは、世話をすることで相手を支配し、その満足感を生きる糧にする状態のことを指します。世話をする立場にある親は、世話をされる子どもよりも優位に立ちやすいことから、親子関係は共依存に陥りやすいといえます。

 たとえば、大学生の子どもが着る服を毎朝母親が選んでいるといったケース。他人の目には仲のよい親子に映…

この記事は有料記事です。

残り2721文字(全文3023文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら