今日のセカンドオピニオン

加齢で筋肉量が減る「サルコペニア」の危険

  • 文字
  • 印刷

【Q】体全体に筋肉量が減ってきました。特にお尻の筋肉が薄くなり、座ったりあおむけに寝たりすると痛みを感じます。どうすれば快適に生活できますか。(千葉県、女性、76歳)

【A】バランスのよい食事をとり、転倒に注意して運動しましょう。

 全身の筋肉量が減ったり筋力が低下したりした場合、サルコペニア(加齢性筋肉減少症)が考えられます。体が思うように動かしにくくなったり、転びやすくなったりするなど日常生活の動作に影響が出ます。

 国際的には病気と認められ、治療薬の開発が進んでいます。骨粗しょう症など骨との関連が指摘されています…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文870文字)