医療・健康Tips

治療をうまく進めるための「医師への上手な伝え方」

  • 文字
  • 印刷

 納得できる治療を受けるためには、医師と上手にコミュニケーションをとることが大切です。どんな伝え方、きき方を心がけるとよいのでしょうか。「病院に行っているのに症状が良くならない」と感じるのは、医師とのコミュニケーション不足が原因かもしれません。治療の効果を高めるには、患者自身も的確に症状や意思を言葉にしていく必要があります。そのための「上手な伝え方」を身につけましょう。

 患者が自分の症状をうまく伝えられないと、治療に支障が出ることもあります。どんな誤解が生じやすいのか、例を見てみましょう。

この記事は有料記事です。

残り3484文字(全文3731文字)