ヘルスデーニュース

「食卓の上にスマホ」で食事の楽しみが減る?

  • 文字
  • 印刷

 食事中もスマートフォン(スマホ)を手放せないという人は少なくない。しかし、スマホを食卓の上に置いたままだと、家族や友人との食事の時間を十分に楽しめないことが、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)のRyan Dwyer氏らの研究で明らかになった。

 この研究結果は、米国心理学会(APA 2018、8月9~12日、米サンフランシスコ)で発表された。同学会ではこのほか、自己中心的で自己愛的な人と比べて、思いやりのある人はFacebookなどのソーシャルメディアの使用時間が短かったとする研究結果も発表された。

 Dwyer氏らはまず、300人以上の成人男女を対象に、(1)携帯電話を着信音またはバイブレーションが鳴る設定でテーブルの上に置く、または(2)携帯電話をマナーモード設定で入れ物に入れて置く-のいずれかにランダムに割り付け、レストランで友人または家族と一緒に食事を取る実験を行った。

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1627文字)