理由を探る認知症ケア

「私のご飯はまだですか?」を繰り返す本当の理由

ペホス・認知症ケア・コミュニケーション講師
  • 文字
  • 印刷
高齢者施設で食事介護をする職員
高齢者施設で食事介護をする職員

 「わたしのご飯は、まだですか?」--。A子さん(80代)がしきりに確認してきます。

 毎日午後4時を過ぎると施設の自分の部屋から食堂に来て、そばにいる職員に「ご飯はまだですか?」と質問するのです。職員が「6時からですよ」と伝えても、しばらくすると「まだですか?」と聞いてきます。

 部屋に一緒に戻って、「食事は6時からです」と紙に書き、時計のそばにはりつけても、やはり食堂に出てきて、同じ質問を繰り返します。しだいに落ち着きがなくなるので、職員がつきっきりで対応することになります。

 自分の食事のことが気になって、確認せずにいられないことは確かなようですが、なぜそうなるのか、誰も突き詰めては考えませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1599文字)

ペホス

認知症ケア・コミュニケーション講師

ペ・ホス(裵鎬洙) 1973年生まれ、兵庫県在住。大学卒業後、訪問入浴サービスを手がける民間会社に入社。その後、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問看護、訪問リハビリ、通所リハビリ、訪問介護、介護老人保健施設などで相談業務に従事。コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)にて、コーチングやコミュニケーションの各種トレーニングに参加し、かかわる人の内面の「あり方」が、“人”や“場”に与える影響の大きさを実感。それらの経験を元に現在、「認知症ケア・コミュニケーション講師」「認知症ケア・スーパーバイザー」として、介護に携わるさまざまな立場の人に、知識や技術だけでなく「あり方」の大切さの発見を促す研修やコーチングセッションを提供している。著書に「理由を探る認知症ケア 関わり方が180度変わる本」。介護福祉士、介護支援専門員、主任介護支援専門員。アプロクリエイト代表。