認知症110番

61歳夫が認知症に 共働きしてきた妻の不安

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 61歳の夫が先日認知症と診断されました。夫婦(妻65歳)で自営業をしていました。夫は2年ほど前から忘れることが多くなり、気になっていたものの、何とか頑張っていました。私が1年前に2カ月入院した時も一人で店をやり、食事・洗濯もこなしていました。退院後は少しずつ手伝い、何とか店を切り盛りしていましたが、夫の物忘れが顕著になり、お客様からも不安の声が聞かれるようになり、今までの信用を大事にして、思い切って店を閉じました。開店から休みはお正月だけでした。これから先が心配です。=東京都、妻(65)

 開店から休むこともなくお二人で頑張ってこられ、なぜこのようなことになってしまったのかと納得できない思いでいっぱいでしょうね。来る日も来る日もお客様のことを優先に考え、自分たちのことは後回しにして、休日どころか日々の休憩も惜しみ、当分の間はこの生活が続くと思って過ごしてこられたのですね。ところが、物忘れが目立ってきたので病気かもしれないと思い受診をしたところ、まさかと思うような診断がなされ、どのように考えていけばよいか混乱の中で、仕事をやめるという苦渋の判断をされたのでしょう。

 診断については医師から詳細な説明があったと思います。はじめは、これまで真面目に仕事中心だったご主人が、どうして認知症なのか受け止めることはできない状態で、その後もなかなか受け入れがたかったと思います。あなたは認知症に対してどのように考えていますか。多分、本やインターネットからいろいろ情報を得たのではないでしょうか。情報によっては不安になったり、ホッとしたり複雑な気持ちだと思います。情報はとても大…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1384文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/