どう知る?どう使う?健康・医療情報

「納得できる医療」を受けるための“五つの質問”

北澤京子・医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授
  • 文字
  • 印刷

 情報があればそれだけで健康が増進したり、病気が治ったりするわけではありません。ですが、自ら情報を探し、集めた情報を理解し、取捨選択した上で、自分の判断と行動に生かすことができれば、自分の受ける医療により納得感が生まれるのではないでしょうか。医療から不確実性を完全に取り除くことはできませんが、不確実性を少しでも減らして納得に近づけるために、「情報」が役立ちます。

 このコラムでは、「根拠に基づく医療(Evidence-based Medicine、略してEBM)…

この記事は有料記事です。

残り2453文字(全文2685文字)

北澤京子

医療ジャーナリスト/京都薬科大学客員教授

きたざわ・きょうこ 医療ジャーナリスト、京都薬科大学客員教授。著書に「患者のための医療情報収集ガイド」(ちくま新書)、訳書に「病気の『数字』のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問」(日経BP社)、「過剰診断:健康診断があなたを病気にする」(筑摩書房)