生命の時計から考える健康生活

昼と夜で薬の効果に違いが出るいくつかの理由

柴田重信・早稲田大学教授田原優・カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教
  • 文字
  • 印刷

体内時計と薬の関係(その1)

 体内時計の乱れが睡眠障害だけでなく、生活習慣病やがんなどさまざまな病気の発症リスクを高めることがわかってきました。そこで、体内時計を正常に保つことで病気を予防する工夫 (食事のタイミングなど) が研究されています。一方、残念ながら病気を発症してしまった時は薬のお世話になります。今回から3回にわたって、薬と体内時計の話題を、時間薬理学を研究する九州大学薬学研究院の楠瀬直喜先生に伝えてもらいます。1回目は、薬を飲む時間帯によって効果が変化するメカニズムです。

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2607文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

柴田重信

早稲田大学教授

しばた・しげのぶ 1953年生まれ。九州大学薬学部卒業、薬学研究科博士修了。九州大学助手・助教授、早稲田大学人間科学部教授などを経て、2003年より早稲田大学理工学術院教授。薬学博士。日本時間生物学会理事、時間栄養科学研究会代表。時間軸の健康科学によって健康寿命を延ばす研究に取り組む。専門は時間栄養学、時間運動学とその双方の相乗効果を健康に活かす商品・プログラム開発。田原助教との共著に「Q&Aですらすらわかる体内時計健康法-時間栄養学・時間運動学・時間睡眠学から解く健康-」(杏林書院)。

田原優

カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教

たはら・ゆう 1985年生まれ。早稲田大学理工学部、同大学大学院先進理工学専攻卒業。博士(理学)。早稲田大学助手を経て、2015年より早稲田大学高等研究所助教、17年1月よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部助教。07年より、柴田重信教授と共に、時間栄養学研究の確立に取り組んできた。また、発光イメージングによるマウス体内時計測定、ストレスによる体内時計調節などの成果も発表している。常にヒトへの応用を意識しながら、最先端の基礎研究を行っている。柴田教授との共著に「Q&Aですらすらわかる体内時計健康法-時間栄養学・時間運動学・時間睡眠学から解く健康-」(杏林書院)。