明日のきれいのつくり方

敏腕形成外科医が勧める「キレイになるための10の習慣」

山下理絵・湘南藤沢形成外科クリニックR総院長
  • 文字
  • 印刷

 ふだんあまり汗をかかない私でも、一歩外に出ただけで汗だくになるほど今年の夏は猛暑でした。炎天下で仕事やスポーツに励んだみなさん、本当にお疲れさまでした。また、台風や地震で被災し、今もご苦労をされている西日本、北海道の方々の、一日も早い復旧、復興を心から願っています。

 そんな時に申し訳ないのですが、9月第2週に学会出席のためオランダに行きました。現地は少し肌寒く感じたものの、過ごしやすい気候でした。ところが4日間のオランダ滞在を終えて日本に戻ると、いきなり気温が下がっていて驚きました。気温が下がると湿度も同時に下がるので、体調もお肌もボロボロになりそうですね。まだクリームをベタベタ塗りたくない人も多いでしょうが、早々に保湿ケアを始めましょう。

 さて、本コラムも今回で最後です。自分が実行していて、みなさんにも推奨したいことを10個だけ書かせて…

この記事は有料記事です。

残り2478文字(全文2853文字)

山下理絵

湘南藤沢形成外科クリニックR総院長

やました・りえ 2018年4月から湘南藤沢形成外科クリニックR総院長。外傷や再建、腫瘍など形成外科の診療はもちろんのこと、子供のあざやしみなどのレーザー治療では定評があり、多くの講演や教育を行っている。最近では、幹細胞を用いた乳房再建を行い、ウーマンライフのQOLの向上にも努めている。趣味と実益を兼ねたライフワーク「癒やしと美肌」への探究心は、1泊3日の過激な海外出張へも駆り立てる。信条は「気になるものは、まず自分で試す」。前職は湘南鎌倉総合病院の形成外科・美容外科部長、形成再生医療センター長。湘南藤沢形成外科クリニックR