今日のセカンドオピニオン

孫の便秘2年以上治らない

  • 文字
  • 印刷

【Q】4歳の孫が2年以上前から便秘で、排便時は苦しみもがいています。下剤や浣腸(かんちょう)の治療を受け、食生活も注意していますが、一時的にしか改善しません。(津市、女性)

【A】薬活用、規則正しく

 便秘とは便が週に3回未満または5日以上出なかった場合、出す時に痛みや出血を伴う場合を指します。毎日出ても、コロコロの便だったり、少量の軟らかい便が1日に何回も出たりする場合も注意が必要です。たまった便が漏れ出ている可能性があるからです。

 治療の基本は、生活習慣の見直し、食事療法、薬物療法の3点です。規則正しい生活、適度な運動を心掛け、水分補給や食事内容にも目を向けましょう。カロリーが高い割に便になりにくいお菓子や甘いドリンク類は控え、食物繊維を十分取ることも有効です。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文863文字)