ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日、川平愛撮影
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日、川平愛撮影

医療プレミア医療プレミア特集

ノーベル賞で注目「がん免疫療法」は万能じゃない

 本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大高等研究院特別教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まり、「がん免疫療法」に注目が集まっています。本庶教授の研究から誕生したがん治療薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」を使った肺がん患者は「命の恩人」と喜び、メディアでも「画期的な免疫療法」の言葉が飛び交っています。しかし、免疫療法すべてに、がん治療効果があるわけではありません。オプジーボは治療効果が認められ、保険適用されましたが、多くの医療機関が宣伝し、高額の治療費を取っている免疫療法の大半は、「開発途上で治療効果が不明」です。がん治療の専門医や患者団体からは「本庶さんのノーベル賞決定をきっかけに、本当は効果のない免疫療法に期待する患者、家族が増えるかもしれない」と、心配する声が上がっています。【毎日新聞医療プレミア・高木昭午】

 「免疫療法が効かず、私のところに来た患者は7年間で20人。みな数百万円の治療費を支払い済みでした」…

この記事は有料記事です。

残り2922文字(全文3331文字)

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア