医療プレミア特集

ノーベル賞で注目「がん免疫療法」は万能じゃない

  • 文字
  • 印刷
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日、川平愛撮影
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日、川平愛撮影

 本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大高等研究院特別教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まり、「がん免疫療法」に注目が集まっています。本庶教授の研究から誕生したがん治療薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」を使った肺がん患者は「命の恩人」と喜び、メディアでも「画期的な免疫療法」の言葉が飛び交っています。しかし、免疫療法すべてに、がん治療効果があるわけではありません。オプジーボは治療効果が認められ、保険適用されましたが、多くの医療機関が宣伝し、高額の治療費を取っている免疫療法の大半は、「開発途上で治療効果が不明」です。がん治療の専門医や患者団体からは「本庶さんのノーベル賞決定をきっかけに、本当は効果のない免疫療法に期待する患者、家族が増えるかもしれない」と、心配する声が上がっています。【毎日新聞医療プレミア・高木昭午】

 「免疫療法が効かず、私のところに来た患者は7年間で20人。みな数百万円の治療費を支払い済みでした」…

この記事は有料記事です。

残り2922文字(全文3331文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら