超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

小野沢滋・みその生活支援クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高齢者のことばかりが議論され、若者のことがないがしろにされている」という批判をいただくことがあります。実際、若いうちに病魔に侵され、在宅医療を受けている人を診ていると、何とかならないものかと悲しくなることがしばしばです。今回は、彼らや彼女たちの療養環境が少しでもよくなることを願いつつ、若年がん患者がどのような状況に陥り、悩んでいるかを紹介します。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2740文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小野沢滋

みその生活支援クリニック院長

おのざわ・しげる 1963年相模原市生まれ。90年東京慈恵会医科大学医学部卒業。在宅医療をライフワークにしようと、同年から亀田総合病院(千葉県鴨川市)に在籍し、99年同病院の地域医療支援部長に就任。22年間、同病院で在宅医療を中心に緩和医療や高齢者医療に携わってきた。2012年に北里大学病院患者支援センター部副部長を経て、13年に同トータルサポートセンター長に就任。同病院の入院患者に対して、退院から在宅医療へスムーズに移行できるよう支援してきた。16年相模原市内で在宅医療専門の「みその生活支援クリニック」を開設。亀田総合病院在宅医療部顧問。日本在宅医学会認定専門医。プライマリケア連合学会認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本在宅医学会前理事。日本医療社会福祉協会理事。一般法人社団エンドライフケア協会理事。相模原町田医療介護圏インフラ整備コンソーシアム代表。